はじめに

便秘を解消するのに便秘薬が使われます。便秘薬を使うと便秘のつらい症状を簡単に改善することができます。便秘薬は薬局で簡単に買うことができます。

しかし、便秘薬の中には便秘を悪化あせ、慢性便秘の原因になるものがあります。この記事では便秘薬を安易に使いすぎることの危険性について説明します。

 

参考サイト

便秘薬の種類

  • 便秘薬には緩下剤(塩類下剤)、刺激性下剤、座薬、浣腸などがあります。
  • 緩下剤は便に水分を与えることで排便を促すものであり、代表的なものに酸化マグネシウムがあります。
  • 刺激性下剤は腸の働きを活性化させるものであり、代表的なものにアローゼン、プルゼニド、ラキソベロンなどがあります。

緩下剤とは

  • 緩下剤は大腸における水分の吸収を抑制します。その結果、便に含まれる水分が多くなるので便を軟らかくする作用があります。

刺激性下剤とは

  • 刺激性下剤は、大腸の神経に作用して腸を刺激して蠕動運動を亢進させて、腸の内容物の移動を促進します。
  • 刺激性下剤は下剤の中でもポピュラーです。
  • 効果が強いですが、習慣性があり、続けて使いすぎると聞かなくなり、徐々に必要量が増えてきてしまいます。
  • 弛緩性便秘などの大腸の動きが弱く自力での排便ができない便秘には非常に効果的であり、確かな効能を期待できます。
  • 刺激性下剤は本来、便秘を解消するために飲む薬です。しかし、それが原因で便秘を悪化させることがあります。

大腸刺激性下剤の問題点

  • 下痢状になることが多く、腸管の強い収縮運動に伴って腹痛を生じる場合もあります。
  • どうしても便が出にくい時に一時的に使うのは仕方がありませんが、長期間にわたり連用することで効果が減弱し、習慣化することもあるため、使用しているうちに内服量が増えてしまったり、やめられなくなったりしてしまいます。

刺激性下剤の種類

  • 刺激性下剤は小腸刺激性下剤と大腸刺激性下剤の2つに分けられます。
  • 大腸刺激性下剤はさらにアントラキノン系とジフェノール誘導体の2つに分けられます。

小腸刺激性下剤とは

  • 小腸刺激性下剤の代表的なものにヒマシ油があります。
  • ヒマシ油に含まれるシリノール酸が小腸を刺激し、便を押し出す運動を活発化させます。

アントラキノン系大腸刺激性下剤とは

  • センナ、アジャストA、ヨーデルS、アローゼン、センノシド、プルゼニド、センノサイド、ダイオウ、セチロ配合錠、アロエなどです。
  • 大腸を刺激することで蠕動運動を促します。
  • 便秘薬の中で最も使われています。
  • 長く使うと大腸黒皮症になります。

ジフェノール誘導体とは

  • ピコスルファート、ラキソベロン、シンラック、スナイリン、チャルドールなどです。
  • 大腸の腸内細菌によって分解され、大腸を刺激します。
  • 刺激性下剤ではありますが、アントラキノン系の下剤と比べて癖になりにくいです。

刺激性下剤の使い過ぎは便秘を悪化させる

  • 人間の身体は外部からの刺激に対して感覚を徐々に鈍化させる働きを持っています。
  • 下剤の刺激も身体が慣れてくるに従ってどんどん効き目が落ちてしまい、次第にさらに強い刺激がないと排便ができないようになってしまいます。
  • そうなると、便秘を治すために更に強い薬に頼るとい悪循環に陥り、下剤なしでは排便ができない身体になってしまいます。
  • 便秘を治すために飲んだ下剤が、結果として重度の便秘の原因となってしまうのです。

大腸刺激性下剤の正しい使い方

  • 刺激性の下剤は、便秘のつらい症状が出てもう耐えられないという限界に達した時だけの使用、あるいは短期間のみの使用にとどめることがベストです。

下剤と使ってはいけない場合がある

  • 腸閉塞という病気があります。腸の中の食べ物や消化液の流れが滞り、腸の中に便が大量にたまった状態です。
  • この場合には、下剤を使うと症状を悪化させるため、使ってはいけません。

市販の便秘薬と病院で処方される便秘薬

 

  • 病院で処方される便秘薬にはいろいろな種類があります。
  • 市販の便秘薬には大腸刺激性の成分を含んでいる下剤が多いです。
  • その方が即効性があり、すっきりするから、評判もよいためでしょう。そのため、市販の大腸刺激性下剤を乱用する人は多いです。
  • しかし、大腸刺激性下剤にはリスクがあるため、注意が必要です。

まとめ

大腸刺激性下剤は腸を強く刺激して排便を促すために即効性があり、人気があります。しかし、長く使うことで腸は下剤の刺激に慣れてしまい、やがては下剤がないと排便できない体になってしまいます。

大腸刺激性下剤はどうしても排便できないときに急場しのぎで使うのはよいですが、日常的に使ってはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位