はじめに

ヒトの腸の中にはとても多くの細菌がいます。具体的にいうと、数は約100兆、種類は100~1000、重さは1~1.5キログラムほどにもなる細菌がいるといわれています。

ちなみに人のカラダを構成する細胞の数は約37兆個です。このことを踏まえると腸内細菌の数がとても多いということがわかります。

このように腸内に数多く存在する細菌は腸内細菌と呼ばれています。

腸内細菌のもつ総遺伝子数は、ヒトのもつ総遺伝子数の100倍以上になります。

この記事では、腸内細菌について基本的なことを説明します。

ヒトは微生物と共生している

ヒトの体には様々な菌が住んでいます。実は菌が住んでいるのは腸の中だけではありません。きれいに見える口や顔、手など、体中に菌は生息しています。

これらの菌の中には健康に悪い影響を与えるものもいます。しかし、逆に健康にいい影響を与える菌もたくさんいるのです。

菌が体についていることを想像して気持ち悪いと考える人もいるかもしれません。しかし、気持ち悪いからといって体に住んでいる全ての菌を排除してしまえば、私たちはすぐに病気になってしまいます。また、私達が病気になると体に住んでいる菌も生き残ることができなくなります。

このように菌と人はお互いに持ちつ持たれつの関係にあり、助け合って生きていると言っても過言ではありません。このことを、「人と菌は共生している」と表現します。

ヒトのカラダは細胞と細菌からなる超生命体である

ヒトのカラダを構成する細胞は約37兆個です。それに対して、腸の中に存在しヒトと共生している細菌の数は、約100兆個です(ヒトのカラダの細胞の3倍弱の多さです)。ヒトは真核生物であり、細菌は原核生物です。しかし、共生しています。このように、ヒトと細菌が共生している状況をとらえて、「ヒトのカラダは超生命体である」と考えるのが最近の医学の流行(はやり)です。

腸内では腸内細菌が腸内フローラを形成している

腸の中にはたくさんの種類の腸内細菌が住んでいますが、同じ種類の腸内細菌はまとまって存在しています。腸の中で腸内細菌が生きられる場所は限られています。多くの種類の腸内細菌が縄張り争いをしているからです。この様子を顕微鏡で観察すると、それらは植物がまとまって増えて存在しているお花畑のようにみえます。お花畑は英語でフローラと呼びます。そのため、腸の中で様々な腸内細菌が種類ごとに集まって生きている様子を腸内フローラ(腸内細菌叢(さいきんそう))と呼びます。

腸内細菌はもう一つの臓器

腸の中に多数存在し、ヒトと共生する腸内細菌ですが、われわれの健康にも大きな影響をもつことが分かっています。このような背景から、腸内細菌はもう一つの臓器であると言われています。

腸内フローラには個人差がある

腸内細菌にはたくさんの種類があり、腸内ではとても複雑な腸内フローラ(腸内細菌叢)が形成されています。腸内細菌叢の様子は人によって異なります。どのような種類の腸内細菌がどのくらいいるか、といった腸内細菌の分布や状況を腸内細菌のバランスと表現します。これは健康な人の便を調べても一人一人異なり、同じものはありません。また、同じ人でも歳をとることで変化します。

最近の研究で腸内フローラがそのヒトの免疫力に影響を与えることがわかりました。さらに、免疫力以外にも人の健康の多くの部分に腸内フローラが影響していることが次々と分かってきています。

腸内フローラは病気の原因になる

腸内フローラはヒトの健康に大きな影響を及ぼしています。腸内細菌が病気の原因になることもあります。実際に、腸内細菌が肥満や生活習慣病、うつ症状など人間の健康に大きな影響を与えることがわかっています。これは逆に考えると、腸内フローラをコントロールすることで病気の治療ができる可能性があるということです。病気の治療法の一つとして腸内細菌を操作するという手段が近年、注目を集めています。

実際に腸内フローラの組成や機能を変化させることで、病気を治療したり予防したりする薬を開発する試みが現在活発に行われています。このような薬をマイクロバイオーム修飾薬といいます。マイクロバイオームとは、腸内細菌に限らず、人体に住み着いている細菌をまとめて指す場合の概念です。

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられる

腸内にはとてもたくさんの菌が存在しています。これらは善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに大別されることが多いです。

「善玉菌(有用菌)」=体に体に良い働きをする菌
「悪玉菌(有害菌)」=体に悪い働きをする菌
「日和見菌」=善玉菌にも悪玉菌にも属さない菌、善玉菌と悪玉菌の勢力争いにおいて優勢な方の味方をする菌

このように説明しましたが、実際には必ずしも善玉菌だけがヒトの体に良い影響をもたらすというわけではありません。善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが健康にとって大事だと言われています。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の理想的なバランス

腸内細菌は単独でも消化や吸収、脂質代謝、免疫力などに様々な影響をあたえることができます。また、異なる菌種と関係して協力し合うことでも人体にいろいろな役に立つ効果をもたらします。この際に善玉菌、悪玉菌、日和見菌が適度にバランスよく存在していることが健康にとってとても大事です。理想的な腸内細菌のバランスは「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」です。このような腸内細菌のバランスのことを腸内環境といいます。腸内環境がいいとは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の比率が整っていることと同じ意味になります。

腸内細菌叢は加齢とともに変化する

出典:代表的な腸内細菌|大塚製薬

腸内フローラには個人差があるという話をしました。

今度は個人に注目して腸内細菌叢の変化をみてみます。実は、腸内細菌叢は加齢とともに変化するのです。

それぞれの年代の菌数の割合は違いますが、年をとるとウェルシュ菌(緑の線)が増えているのがわかります。ウェルシュ菌は悪玉菌(有害菌)です。

減っているのは赤い線で示したビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は善玉菌(有用菌)です。

出生と腸内細菌叢

母体内では胎児は無菌です。

この世に生まれて母乳を飲んでいる時に母乳中の乳糖、ガラクトオリゴ糖を栄養源として、ビフィズス菌が増殖し始めます。

赤ちゃんの便の匂いを嗅いだことはあるでしょうか。赤ちゃんの便は黄色っぽく、嫌な臭いがしないのです。これは赤ちゃんの腸内がビフィズス菌優位の環境になっているからなのです。

成長と腸内細菌叢

離乳期以降、離乳食を食べ始めると、赤ちゃんの腸内細菌叢も大人のそれへと近づいていいきます。

成人では、10〜20%台の割合でビフィズス菌が腸内に存在しています。

高齢になると、ほとんどの場合、ビフィズス菌は減少し、若年ではまず検出されなかったウエルシュ菌などの悪玉菌が、高確率で検出されるようになります。

腸内細菌はヒトのカラダだけでなく心にも影響を及ぼす

腸内環境がヒトに及ぼす影響は消化や代謝機能など、カラダへの影響だけにとどまりません。腸は非常に多くの神経細胞によって脳とも密接にやりとりをしています。そのため、腸内細菌はヒトの性格や気分、脳そのもののパフォーマンスなど、いわゆる心にも影響を与えるのです。最近の研究から、腸内細菌が不安障害、自閉症、パーキンソン病など、脳に関わる病気の発症に関わっていることも分かっています。実際に医学界では腸内環境を改善することにより、ヒトの精神面をよりよい方向へ導く試みが注目されています。

腸内細菌と医学の未来

以前には腸内細菌の研究は培養を行うことで行われていました。近年、遺伝子を解析する方法が新しく取り入れられるなど、テクノロジーの進化があったことで、腸内細菌の研究は一気に進みました。それにより、これまで予想されていなかった腸内細菌と病気の関係や腸内細菌の役割が次々とわかってきました。太っている人とそうでない人の腸内細菌が異なること、大腸がんや肝臓がんができることに関係する腸内細菌を突き止めることができたことなど、様々なことが明らかになりつつあります。

まとめ

腸内細菌について、広く知られている一般的なことについて説明しました。

 
ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位