出典:ツムラ大建中湯エキス顆粒(医療用)の詳細情報ならここカラダ

はじめに

便秘に対して使われる薬にはたくさんの種類があります。とくに酸化マグネシウムやアミティーザ(一般名:アミティーザ)などが有名です。しかし、漢方薬も便秘症に対して有効であり、昔からよく使われてきました。

とくに大建中湯という漢方薬は、お腹の手術を受けたことが原因で腸の動きが悪くなり、ひどい便秘症に悩まされている人に対してよく処方され、一定の効果がみられています。

今回、この大建中湯が便秘の解消、腸の働きの改善に有効な理由を説明し、また服用する際の注意点について解説します。

大建中湯とは

まず初めに、大建中湯とはどのようなものなのかを説明します。

大建中湯の「中」は、体の中部にある胃腸のことを指し、「大建」は、丈夫にするという意味をもっています。このことから大建中湯は、「胃腸を丈夫にする薬」であることが分かります。

大建中湯は具体的には、カラダの冷えやお腹の張り、痛みをよくしたり、お腹の調子を整えたりする働きをもっています。

妊娠中は一般的に赤ちゃんへの影響を考え、安全に使える便秘薬は限られます。しかし、大建中湯は妊娠中の便秘に対しても心配なく使えます。

大建中湯の4つの働き

大建中湯は、便が大腸の中を通過する時間を短くし、便の硬さを適切にすることで便秘を解消します。また、腸内のガスを減らし、便秘症の人の生活の質(QOL)を高めます。以下で大建中湯のこれら4つの働きについて説明します。

1.食べ物や便が腸の中を通る時間を短くする

大建中湯の1つ目の働きは、食べ物や便が腸の中を通る時間を短くすることです。

その理由は、大建中湯がアセチルコリンとモチリンという、胃腸の働きを活発にする2つのホルモンの分泌を促すからです。

アセチルコリンとは、副交感神経の働きを活発にすることで胃腸の動きを改善させるホルモンのことです。副交感神経の働きが強くなると胃腸の動きは強くなります。

モチリンとは、十二指腸から分泌されるホルモンの一種です。とくに空腹時にたくさん分泌され、胃の動きが活発になり、お腹がなる原因となります。これは、次の食事が胃や腸に入ってくるための準備です。

便秘や腸閉塞など、腸の病気を専門に扱う大腸外科をはじめとした日本の外科系医学のもろもろの学会をまとめた日本外科系連合学会も、大建中湯を飲むことで、食べ物や便が腸の中を通る時間が短くなると以下のとおり発表しています。

管隼人(2012)「大建中湯の腸管運動に対する効果」、『日外科系連会誌37(4)』

このように、大建中湯はアセチルコリンやモチリンの分泌を促すことで胃腸の働きを活発にし、食べ物や便が腸の中を通る時間を短くすることで便秘を改善します。

2.便の固さを適切にする

大建中湯の2つ目の働きは、便の硬さを適度に保つことです。

硬便は便秘の原因になります。柔らかい便は排便しやすく、硬い便は排便しにくいからです。

便は腸の中にとどまる時間が長ければ長いほど、水分が吸収されて硬くなります。大建中湯は前述のように、食べ物や便が腸の中を通過する時間を短くします。そのため、便が腸内にとどまる時間も短くなるため、吸収される水分の量も少なくてすみます。この結果、便が適切な硬さに保たれます。

新品の木工用ボンドでは、フタを開けて本体を押すことで、すぐに中身がでてきます。フタを閉め忘れて乾燥して中身がかちこちに固まった木工用ボンドは、強く推しても中身がでてきません。

腸の動きがとてもよいとしても、便が硬いと排便しにくいのです。

このように、大建中湯は便を適度な柔らかさに保つことで、便秘を改善します。

3.腸内のガスを減らす

大建中湯の3つ目の働きは、腸のガスを減らすことで、お腹の張りを解消することです。以下のレントゲン画像のように腸の中にたくさんガスがたまっていると腸がぱんぱんに引き伸ばされ、お腹の張りにつながります。

下の画像で下の囲みの中の泡のように見える部分が腸にたまったガスです。

出典:噛み締め・呑気症 | ベイサイドさちクリニック、さち臨床研究所

便が腸内に長くとどまると、腸の内容物が腐ってガスが発生します。大建中湯は、アセチルコリンやモチリンの分泌を促すことで腸の動きをよくするため、腸の中の食べ物や便の通過時間を減らします。この結果、ガスの発生を防ぐことができます。

よく流れる川の水は、とても澄んでいてきれいです。ところが、流れが悪くたまってしまっている水には、ばい菌が発生し、水を腐らせます。

さらに大建中湯は腸だけでなく胃の動きも活発にすることで、胃の中にとどまる空気を減らします。このため、上腹部の圧迫感の解消に役立ちます。

大建中湯は食べ物や便が腸内で腐ってガスが発生するのを抑えます。この結果、辛いお腹の張りの症状を改善させるのです。

4.慢性便秘症の人の精神的QOLを高める

大建中湯の4つ目の働きは、慢性便秘症の人の精神的QOLを高めることです。

精神的QOLとは、健康関連QOLの1つです。健康関連QOLとは、病気や治療が患者さんの健康感や日常生活にどのような影響を与えているのかをとらえるのによく使われる指標のことで、身体的QOLと精神的QOLの2種類があります。

精神的QOLが高いということは、人生の活力が満ち足りており、生きがいや満足度が高いということです。ですから、精神的QOLが高くなると、より充実した人生をおくれるのです。

毎日新聞が運営する医療や健康の専門家が執筆している「医療プレミア」というサイトの中でも、消化器疾患と内視鏡検査の専門医が、慢性便秘症の人が大建中湯を飲む前後だと、精神的QOLが高まると説明しています。

慢性便秘症 大建中湯で心身ともに快適に | 笑顔をつくる おなかの医学 | 尾高健夫 | 毎日新聞「医療プレミア」

以上のとおり、大建中湯は便秘を改善し、またお腹の気になる張りを解消することで、精神的なQOLを改善します。

大建中湯を飲むのが有効と考えられる人

ここまで、大建中湯の4つの働きについてくわしく説明しました。しかし、大建中湯はすべての便秘の方に効果があるわけではありません。大建中湯をはじめとする漢方薬には、適している体質があるからです。

大建中湯が有効な方は、以下のとおりです。

  • 体力があまりない方や何らかの原因があり体力が低下している方
  • 手足やお腹が冷えている方
  • お腹が冷えたときに腹痛が起こりやすい方
  • 胃腸が弱い方
  • お腹が張る感じがある方
  • 下腹部を押すと痛みを感じる方

このような症状に悩まされている人の便秘には、大建中湯はとくに有効です。

なぜなら、大建中湯は虚証の人によく効くからです。虚証とは、生命力や抵抗力など、体の本来の機能が低下した状態です。また、大建中湯は、お腹を温める作用をもっているため、お腹が冷えて過敏になり痛む人に特に効果があります。

ですから、大建中湯は、体力があり余り、エネルギーがみなぎっている人、お腹に熱をもっている人には適正ていません。

このように大建中湯には有効な体質があります。すべての便秘の方に効果が期待できるわけではないので注意しましょう。

大建中湯は医療機関、ドラッグストアや薬局、通販で手に入れられる

ここまでの内容で、実際に大建中湯を試してみたいと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、大建中湯をどのように入手することができるかを説明します。

大建中湯は、医療機関で処方してもらう、ドラッグストアや薬局で購入する、通信販売で購入するという3つの方法で手に入ります。

これら3つの方法の中でも、もっともおすすめなのは医療機関で処方してもらうことです。なぜなら、保険診療で処方してもらえるので最も安く手に入るからです。

しかし、大建中湯を手に入れるためだけに医療機関を受診する時間がない人は、ドラッグストアや薬局で購入することが可能です。店舗に買いに行く時間も惜しい人は、通信販売で手にいれることができます。

以下で、大建中湯を手に入れる3つの方法について説明します。

1.医療機関で処方してもらう

大建中湯は、医療機関を受診し、便秘に対して大建中湯を処方してほしい旨を医師に伝えることで、処方してもらえる可能性が高いです。便秘に効果がある漢方薬として大建中湯はとても有名だからです。

しかし、医師によっては最初から大建中湯を処方するのを嫌う人もいます。便秘薬でまず試されるべき薬として、酸化マグネシウムやアミティーザがあるからです。

大建中湯の処方を希望したけれども処方してもらえなかった場合、その担当医と口論するのは不毛なため、引き下がることをおすすめします。手間は余分にかかりますが、別の医療機関を受診すればスムーズに処方してもらえるということがよくあるからです。

2.ドラッグストアや薬局で購入する

大建中湯は医療機関でしか手に入らない薬ではありません。ドラッグストアや薬局でも売られています。健康保険が適応にならない分だけ費用が高くなりますが、医療機関を受診する手間を省きたい場合、ドラッグストアや薬局で購入するのがおすすめです。

3.通信販売で購入する

大建中湯はインターネット通販でも購入できます。GoogleやYahoo!で「大建中湯 通販」で検索すればすぐに販売元をみつけることができます。インターネットを使いこなしている人であれば、この方法が一番簡単です。

このように、大建中湯は医療機関で処方してもらう、ドラッグストアや薬局で購入する、インターネット通販で手に入れるという3つの方法で入手できます。便秘症に悩んでおり、漢方薬で体質改善したいという人はぜひ試してみてください。

大建中湯の具体的な飲み方

大建中湯の具体的な飲み方について説明します。

大建中湯を飲む際は、少ない量から飲み始め、様子を見ながら徐々に増やしていくのがおすすめです。いきなり多くの量を飲むと、副作用でお腹の痛みがでることあるからです。

具体的には、1日1包で飲み始めるのがいいでしょう。そして数日から1週間程度、症状の改善があるかどうかを試してみて、変化がないようであれば朝と夜に1包ずつの1日2包に増やします。それでも改善がなければ朝、昼、夕に2包ずつの1日6包まで増やして試すことができます。

なお、1日7包以上は飲まないようにしましょう。薬の量を増やせば効果も期待できますが、副作用も強くでる可能性が高くなるからです。

大建中湯は、お湯に溶かして飲むことがおすすめです。これは大建中湯に限らず、漢方薬の名前で最後に湯がすいているものは、一般的にお湯に溶かして飲む方がいいと言われています。

このように、大建中湯を飲む際は、少ない量から始めて少しずつ量を増やすこと、可能ならばお湯に溶かして飲むことが重要です。

大建中湯を服用する際の注意点

次に、大建中湯を服用するときに注意しなければならないことを説明します。

大建中湯は、肝機能障害がある方、糖尿病の治療薬の1つであるα-グルコシダーゼ阻害薬を飲んでいる方、お腹が温かく、熱をもっている方は服用に気を付けなければなりません。

以下でこれらの理由について説明します。

1.肝機能障害のある人

大建中湯は、肝機能障害のある方は慎重に服用する必要があります。大建中湯に限らず、漢方薬は肝機能障害の原因となるからです。実際、血液検査で肝機能障害を認める人が医療機関を受診すると、サプリメントや漢方薬の使用歴について、必ず質問されます。漢方薬を服用する際は肝機能障害について常に注意しなければなりません。

具体的には、大建中湯を飲み始めてからカラダのだるさ、黄疸、食欲の低下などの症状がでた際には、大建中湯を飲むことを中止し、医療機関を受診し、血液検査を受けるようにします。血液検査で肝機能障害が悪くなっていたら、大建中湯の副作用の可能性があります。

2.α-グルコシダーゼ阻害薬

α-グルコシダーゼ阻害薬を飲んでいる人も、大建中湯を飲むのに慎重にならなければなりません。

α-グルコシダーゼ阻害薬は、糖尿病の治療薬の1つです。α-グルコシダーゼ阻害薬の副作用にお腹の張りや痛みがあり、その症状が大建中湯の作用により悪化する可能性があるからです。

また、α-グルコシダーゼ阻害薬は糖分の分解を阻害する薬です。大建中湯にも膠飴(コウイ)という糖分が含まれています。α-グルコシダーゼ阻害薬の作用で膠飴の分解が遅れることで、腹部症状を悪くしたり、便秘をひどくする可能性があるのです。

このように、大建中湯とα-グルコシダーゼ阻害薬を併用する際は、お腹の症状の悪化に注意が必要です。

具体的には、α-グルコシダーゼ阻害薬と大建中湯を同時に飲んだ後に、腹痛がひどくなったり、便秘がひとくなったりといった不快な症状がでてきたときは、大建中湯を飲むのを中止して様子をみることが大事です。

3.お腹が温かく、熱をもっている人

お腹が温かく、熱をもっている人も大建中湯を服用する際は慎重である必要があります。大建中湯は、冷えているお腹を温めることで、症状を改善するからです。

もともとお腹に熱がこもっていることが原因で調子を崩している人が、大建中湯を飲んでお腹をあたためてしまうと、さらにお腹の状況を悪くしてしまう恐れがあります。

ですから、お腹が温かく熱を持っているひとが大建中湯を服用する際は、飲んだ後に腹痛、お腹の張り、便秘などの症状が悪化しないかに注意をし、症状の悪化があった場合には大建中湯を飲むのを中止するようにしましょう。

このように大建中湯は肝臓に問題がある方、糖尿病がありα-グルコシダーゼ阻害薬を使っている方、お腹に熱がたまっている方は慎重に飲む必要があります。

 

まとめ

今回、この大建中湯が便秘の解消、腸の働きの改善に有効な理由を説明し、また服用する際の注意点について解説しました。

便秘症に対して使われる薬では、酸化マグネシウムやアミティーザが有名です。しかし、漢方薬の一つである大建中湯も便秘の改善効果をもっています。

大建中湯は、アセチルコリンやモチリンの作用を高めることで胃腸の動きをよくして便が大腸の中を通過する時間を短くします。結果として、便から吸収される水分の量が少なくなるため、便がやわらかくなって排便しやすくなります。

また、腐敗菌による腸内のガスの産生量を減らすことで腸内のガスを減らします。これらは便秘症の人のお腹の症状をよくし、人生の満足感を高め、充実した人生につながります。

大建中湯は、手足の冷えを感じることが多い、お腹が冷えたときに痛くなりやすい、お腹の張る感じに悩まされているなどの症状がある人の便秘症に対して、とくに有効であると考えられます。

大建中湯は肝臓が悪い方、糖尿病がありα-グルコシダーゼ阻害薬を使っている方、お腹に熱がたまっている方は慎重に飲む必要があります。

大建中湯の具体的な入手方法ですが、医療機関で処方してもらう、ドラッグストアや薬局で購入する、インターネット通販で手に入れるという3つがあります。

大建中湯の具体的な飲み方として、少ない量から始めて少しずつ量を増やすこと、可能ならばお湯に溶かして飲むことがおすすめです。

便秘に悩んでいる人で漢方薬を試してみたい人は大建中湯を服用してみてください。

 
ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位