はじめに

この記事では便秘の解消に有効な漢方薬について解説しています。

参考サイト

東洋医学の視点

漢方では、症状の出ている部分だけではなく、体全体の状態や嗜好からも症状を判断します。

漢方医学からみた便秘症

漢方医学の立場では、便秘は「気・血・水(き・けつ・すい)」のなかの「水」の不足、ストレスや緊張による「気」の異常、「血」の異常である「お血」などによって起こると考えられています。

漢方からみた便秘の分類

まず、漢方では、腹痛や腹部膨満感などの不快感を伴う便秘とあまり不快感を伴わない便秘を分けて考えます。

不快感を伴う便秘

不快感を伴う便秘の原因は、腸の「気」の流れをさまたげる熱や「気」の停滞です。

余分な熱は、脂っぽいものや辛いもの、甘いものをよく食べることによって発生しやすく、この熱は便を乾かしてしまい、そのために便が出にくくなります。

たまった熱は体の上部へと昇るので、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす要因にもなります。

ストレスや緊張、不安などは腸の「気」を停滞させやすく、胃腸の動きが弱くなって便秘しやすくなります。

不快感を伴わない便秘

あまり不快感を伴わない便秘は、腸の「気」が不足することのほか、「血(けつ)」や「水(すい)」が不足してうるおいがなくなることによっても起こります。

産後や加齢など、「気」「血(けつ)」を消耗してしまった状態で起こります。

便秘と下痢を繰り返す状態

便秘と下痢を繰り返す状態は、腸の「気」「血(けつ)」のバランスが乱れている状態です。

ストレスや生活習慣の乱れなどにより、「気」「血(けつ)」のバランスが乱れると、消化・吸収がうまくいかなくなったり、腸のはたらきがうまくいかなくなったりするために便秘と下痢を繰り返します。

漢方薬で便秘を改善する際の考え方

  • 漢方では、胃腸にたまっている熱をとり除き、「気」の流れを正常な状態へ近づけるという考え方で便秘を治療します。
  • 漢方薬の腸への作用は比較的おだやかなので、無理なく排便を促すことができます。
  • 「気」の流れが整うと、便秘などのトラブルは減ります。

便秘のおける西洋薬と漢方薬の使い方の違い

西洋医学的では症状があるときにその症状を改善する目的で一時的に薬を使うことが多いです。

漢方薬では一時的な仕様ではなく、ある程度の期間にわたって使用することで体質改善を行いつつ、自然にお通じの状態を整えます。

便秘の改善に有効な漢方薬

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

  • 体力がある人向けの薬です。
  • 慢性の便秘、腹部膨満などに有効です。
  • 「漢方」という名前が付いた市販の便秘薬のほとんどに、この漢方薬に配合されている生薬が含まれています。

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

  • 体力があまりない人に適しています。
  • 腹部膨満感、腹痛のある方の便秘、しぶり腹などに有効です。

麻子仁丸(ましにんがん)

  • 体力中等度以下の方に適しています。
  • 便が硬くコロコロとした塊状な方の便秘、腹部膨満などに有効です。

潤腸湯(じゅんちょうとう)

  • 体力中等度又は虚弱の方に適しています。
  • 麻子仁丸と同様、便が固くてころころとしている人に効果的です。
  • 皮膚乾燥などがある方の便秘に有効です。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

  • ぽっこりお腹の人、暴飲暴食する人、ダイエットしたい人におすすめです。

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

  • 体力中等度以下に適しています。
  • 腹部膨満感のある方の便秘、腹痛、しぶり腹などに有効です。

大柴胡湯(だいさいことう)

  • 体力が充実している方に適しています。
  • 脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘傾向のある方の常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こりなどに有効です。

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)

  • 慢性的に便秘で悩んでいる方、便秘が続くと、おなかが張って苦しくなる方に有効です。
  • 漢方では、体に熱がたまると不調が現れやすくなると考えます。おなかに熱がたまって現れる不調のひとつが便秘です。便が出れば、熱もいっしょに出すことができますが、出なければどんどんたまっていきます。
  • 胃腸のはたらきを整え、良くするという意味で、食欲があるのにすっきり出ないという便秘のタイプによく用いられます。慢性および急性の便秘に対して、おだやかに、すぐれた排便効果を発揮します。
  • 調胃承気湯(ちょういじょうきとう)は、「気」の停滞をスムーズにすることにより排便を促すだけではなく、余分な熱を冷まします。
  • 気とは目に見えないけれども人の体を支えるすべての原動力のようなものです。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

  • 体力中等度以上の方に適しています。
  • のぼせてイライラしている方の便秘、痔などに有効です。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

  • 体力中等度以上の方に適しています。
  • イライラや不眠など精神不安のある方の便秘、神経症などに有効です。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

  • 女性や貧血のある方、ダイエット中の方の便秘に適しています。

乙字湯(おつじとう)

  • 便が硬く、切れ痔、いぼ痔ある方におすすめです。

まとめ

東洋医学からみた便秘の治療の考え方や実際の便秘の漢方薬について解説しました。

 
ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位